エチオピア連邦民主共和国

撮影許可

遅くてもロケ開始4週間前に、必要書類を在日エチオピア大使館へ提出すること。
大使館から現地情報省へ書類が転送され、情報省に撮影内容が通達される。
本隊・機材到着の数日前に『クルー代表者』が情報省へ行き、必要書類の提出・契約書のサイン・撮影料支払作業を行うこと。
クルー代表者はクルーリストに記入されている者で、メディア関係者でなければいけない。
即日または翌日、撮影許可証・機材通関許可証が発給される。
※撮影料は制作費総額に応じてチャージされます。

機材通関

通関は人によって非常に厳しい。
トラブル防止のため、機材通関許可証取得後でも通関エージェントを機材出入国時に同行させることが望ましい。
ただし通関エージェントへの報酬として、約US$500程度が別途必要。

ビザ

撮影にはビジネスビザが必要。情報省でビザのチェックがある。
ビザ申請必要書類と情報省へ送った書類を在日エチオピア大使館へ提出、申請。
通常は中2日で発給されるが、大使館員とのインタビューを要請される場合があるので余裕を持つこと。
※観光ビザはボレ国際空港でも取得可能であるが、到着時間によってビザカウンターが閉まっていたり、様々な理由で拒否されることがある。

その他

空撮や国立公園・保護区・観光地・商業施設などの撮影には別途撮影許可が必要。
申請先機関・取得方法は撮影地によって異なる。
南部オモ地域やアファール州など、中央政府(情報省)の許可とは別に地域行政体の許可が必要な場合がある。
また撮影内容によっては、許可が下りない場合がある。
通常は2週間で許可は取れるが、様々な許可のトラブルが発生する可能性があるために、できれば3週間前には申請したい。

※許可に関する規定は頻繁に変更されます。最新情報はお問合せ下さい。

PAGE TOP