ジンバブエ共和国

撮影許可

在日ジンバブエ大使館をとおして必要書類を現地情報省へ申請。
約三週間後に撮影許可証がFAXされる。
現地諸事情により手続きが送れることがあるので、申請後も現地でフォローさせること。

ブレスカード

ジンバブエで撮影する全ての外国人クルーは、情報省機関MICのプレスカードが必要。
本隊・機材の入国前にクルー代表者がハラレのMICへ行き、情報省からの撮影許可証・他必要書類を提出。
手続き完了後数日で、顔写真が印刷されたプレスカードが発給される。
どうしても事前に代表者がハラレへ行けない場合は、代理人に頼むことになる。
撮影許可証と必要書類は事前にMICへ送り、撮影の旨を連絡しておくこと。
申請料はクルー1名につきUS$500.00、料金交渉はほぼ不可能。

機材通関

MICのプレスカード取得後、通関省機関にて申請する。
トラブル防止のために現地通関エージェントをとおし、必ず機材出入国時に同行させること。
通関エージェントの報酬としてUS$500以上必要。

ビザ

空港・国境にて申請・支払、即時発給される。

その他

撮影許可取得後にプレスパスや機材通関許可等を申請することになるので、申請には1か月以上の余裕を持ちたい。
国立公園・保護区・観光地・商業施設などの撮影には別途撮影許可が必要。
申請先機関・取得方法は撮影地によって異なるが、ビクトリアフォールズの撮影許可は1日あたりU$1,000近くの撮影料が発生する。
番組内容とタイミングによっては、ジンバブエ政府観光局ZTAのバックアップやタイアップが得られる可能性もある。

※許可に関する規定は頻繁に変更されます。最新情報はお問合せ下さい。

PAGE TOP