アンゴラ共和国

撮影許可

政府機関【CIAM】からのプレスパスが必要。
申請後、約2週間~1か月程度でCIAMからの招聘状が下りる。
※招聘状はビザの発給許可であり、プレスパスではない点に注意

アンゴラ入りした直後にクルー全員CIAMへ行き、プレスパスを申請・受領。
プレスパスは通常半日~1日程度でおりるが、時間に余裕を持つべき。

機材通関

カルネは使えない。
新品の機材持ち込みには厳しいが、中古の撮影機材であれば通関手続きは必要なし。
※ただし通関担当者により対応が異なる可能性有り。

ビザ

CIAMからの招聘状がおりた後で、在日アンゴラ大使館にて申請可能。
申請料は大使館口座へ振り込み、オリジナルの振込票を提出する必要あり。
指紋を取られるため、ビザ申請時にはクルー全員が大使館に行く必要がある。
月曜日・火曜日の午前中に申請、その週の金曜日に発給される。
※パスポートには6か月以上の残存期間、連続2ページの査証欄余白が必要。

その他

※黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必要。
※祝祭日の多い期間には申請業務が完全に止まることがあるので、早めに申請すること。
※映画など大規模な撮影の場合には、IACAMという別団体の撮影許可が必要になる。 
※撮影内容により、撮影許可がおりない可能性有り。

※許可に関する規定は頻繁に変更されます。最新情報はお問合せ下さい。

PAGE TOP