ネタ

少しカッチリとした、各国のネタをご紹介

ネタ

EYECATCH2

絶景!世界最大級のロードレース

喜望峰を抱くケープ半島を一周する、109kmのロードレース【ケープタウン・サイクルツアー】。 時間制の自転車レースとしては世界最大規模となる35,000人の参加者を誇る。   風光明媚な景観...続きを読む

STOP ABUSE

虐待を語るテディベア

子供たちに対する性的虐待が頻発し、社会問題にもなっている南アフリカ。 そんな子供たちを救出し、それ以上の被害から救い、法的に守り、心の傷を癒し、 安全な環境を与えることを目指す人々がいる。 創立者自身...続きを読む

SHARK1

サメハンター少年

南アフリカの沿岸部に、釣りバカ親子が住んでいる。 父親は、南アフリカの釣りチャンピオン。 その息子は生後18か月の時に近くの川で小魚を釣り上げ、釣りにハマった。 2015年現在11歳の少年は、2年連続...続きを読む

名称未設定 2

ファッションにこだわる村

エチオピア奥地・オモ谷に住む、人口1,000人程度の超少数民族【カロ族】。 オモ川沿いで農業や放牧、漁などをして伝統的な生活を営む人々だ。   カロ族は、身の回りにある自然界のモノを使ったオ...続きを読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太っちょ祭り

エチオピアの秘境、オモ谷の奥地に住むボディ族。 日常的に周辺民族との争いが絶えない地域に住む彼等は、強くある必要がある。 【強い=巨体】と考えるボディにとって、太った男性はとても美しく魅力的。 巨体を...続きを読む

DRILL3

南アフリカのダイヤモンド鉱山

1905年に世界最大3106カラットのダイヤモンド原石【カリナン】が発掘され、 2014年にも122.52カラットのブルーダイヤモンド原石が発掘されたカリナン鉱山。 今でも『世界で最も重要なダイヤモン...続きを読む

IMG_0768

オットセイと遊ぶ

様々な海洋生物が生息し、【豊饒の海】とも呼ばれる南部アフリカ沿岸部。 特にナミビア沿岸部には多数のオットセイが生息し、中でも10万頭ものオットセイが 生息する【ケープクロス】は世界最大級のコロニーとし...続きを読む

ski3

アフリカのスキー場

南部アフリカの小国であるレソト王国には、アフリカでは珍しいスキー場がある。 南アとの国境にほど近い山の上にあるこのスキーリゾートは、2004年にオープンした。   コースは一本しかないものの...続きを読む

P7220065

武器をアートに

東西冷戦の影響を受け、独立直後に内戦が勃発したモザンビーク。 この内戦は15年間にもわたり、1992年までに100万人以上の犠牲者をだした。 モザンビークでは現在も地雷が埋まり、行き場を失った古い兵器...続きを読む

コーヒー母の木2

コーヒー母の木伝説

コーヒー発祥の地とされるエチオピアは、まさにコーヒー大国。 コーヒーは嗜好品を超え文化の一部となり、各家庭では毎日豆を煎り、砕いて飲んでいる。 カフェは常に混雑し、人々は砂糖や塩・バターや紅茶を混ぜて...続きを読む

P4110237

アフリカのケータイ事情

アフリカでは2006年ごろから、携帯電話の普及率が急上昇している。 今や大陸全体の携帯電話加入者数は8.2億、携帯普及率は80%以上とするデータもある。 電子マネーも爆発的に普及し、携帯から送金や買い...続きを読む

elmolo5

エルモロの受難

トゥルカナ湖畔には、ケニア最小民族であるエルモロの村が2つある。総人口は300人程度。 ナイルパーチやティラピアを主食とし、アフリカの民族としては珍しく牛を持たず農業もしない。 魚から様々な薬を作り、...続きを読む

Joal-Fadiouth4

平和な貝殻島

首都ダカールから南東へ114キロ。 本土のジョアルと木の橋でつながれたファディユ島は、地面が貝殻で覆われた『貝殻島』だ。 道路や壁面など、様々な場所にもカキやアサリなどの貝殻が埋め込まれている。   ...続きを読む

gorre island

7つの世界遺産

豊富な自然や独自の文化、長い歴史を持つセネガル。 この国では2012年9月現在、7つのユネスコ世界遺産が指定されている。   ①ゴレ島(文化遺産) 首都ダカールの沖合約3kmに浮かぶ小さな島...続きを読む

IMGP1154

エチオピア正教会② 神の啓示を受けた男

異教徒からの襲撃を防ぐために岩をくり抜いて作られた、エチオピア特有の岩窟教会。 エチオピアには数えきれないほどの岩窟教会が点在するが、全てはるか昔に作られたものである。 ただ一つの教会を除いては。 &...続きを読む

abuna2

エチオピア正教会① 隠された教会

エチオピア正教会はエチオピアで独自に発展したキリスト教であり、コプト教から分離した 原始的なキリスト教とも称される。 イスラム教国に囲まれたエチオピアのキリスト教信者たちは、異教徒からの襲撃を防ぐため...続きを読む

team rwanda

自転車大国へ!

ルワンダは常にサイクリストたちの国であった。『千の丘の国』として知られ、それぞれの丘には食料や薪、コーヒーを運ぶ多くのサイクリストたちが毎日見られる。自転車はどれも原始的なものであり、木で作ったものま...続きを読む

wreck

骸骨海岸の沈没船

世界で最も古いとされる砂漠、ナミブ砂漠。この沿岸部は霧が濃く波が荒いことからスケルトンコースト(骸骨海岸)とも呼ばれている。そんな荒々しい海岸を代表する光景が、砂漠の中に横たわるこの巨大な沈没船だ。 ...続きを読む

mama2

ビーズ細工で貧困脱出

ケープタウン郊外には、美しい市内とは対照的なタウンシップが広がる。タウンシップとはアパルトヘイトに作られた旧黒人居住区で、今でも貧困層の人々が住み続ける。ここでは様々な自立支援プロジェクトが進行中だが...続きを読む

spier3

チーターと遊べるワイナリー

ケープタウン近郊は地中海性気候のためにワインの生産が盛んであり、多くのワイナリーが点在する。ワイン生産で名高いステレンボッシュ地域のワイナリー、『スピアー』はその中でも特に人気が高い。スピアーのワイン...続きを読む

PAGE TOP