ネタ

少しカッチリとした、各国のネタをご紹介

ガーナ

tenke001

ケンテ

ガーナでポピュラーな土産物のひとつに、ケンテが挙げられる。これはアフリカらしいカラフルな幾何学模様で織られた布で、ガーナの民族衣装ともなっている。金色が目立つアシャンティ・ケンテとシックな色合いのエヴ...続きを読む

lifesound001

生活音

昔、日本には金魚屋、豆腐屋、チャルメラなど聞いただけで何屋が来たかわかる「生活の音」があった。ガーナでは今でも靴磨き屋や裁縫屋、アイス売りや水売りなど、見なくてもそれとわかる音をたくさん聞くことができ...続きを読む

palmtree001

木の王様・アブラヤシ

ガーナでは椰子の木はココナツを取るくらいにしか利用されていないものの、背の低いパームツリー(アブラヤシ)は、非常に有効活用されている。その赤い実からはガーナ人の食卓に無くてはならないパームオイルが取れ...続きを読む

coffin001

ユニークな棺桶屋

ガーナ沿岸部に、何軒かの有名な棺桶屋がある。死者が生前に関わっていたことをモチーフにした棺桶を制作しており、魚(漁師)やベンツ(運転手)、大砲(兵士)、飛行機(パイロット)などのカラフルな棺桶が並んで...続きを読む

blackstar001

ガーナのサッカーチーム

2000年12月、アフリカカップのクラブチーム対抗で、ガーナのクラブチーム「HEARTS OF ARK」が優勝した。ハーツオブアークがアフリカ大陸最強のクラブチームになったということだ。それほどガーナ...続きを読む

capecoast001

地獄の要塞・ケープコースト

12?13世紀、ヨーロッパに近い北アフリカではじまった奴隷貿易。その波はガーナにも押し寄せ、1654年、スウェーデンによりケープコーストに奴隷積み出しのための要塞が築かれた。その後要塞はイギリスに支配...続きを読む

kakulaba001

ザイロフォン奏者・カクラバ

ザイロフォンとは、日本でいう木琴。今では世界中に広まったザイロフォンは西アフリカに起源を持つといわれ、重要な民族楽器となっている。立ったまま演奏する南部アフリカのマリンバなど、ザイロフォンはアフリカに...続きを読む

ashanti002

黄金王国

サハラ以南のアフリカは古来金の産出で知られ、マリ帝国(マリ)、アシャンティ帝国(ガーナ)、モノモタパ王国(ジンバブエ・グレートジンバブエ遺跡を建設)などの黒人王国は、しばしば黄金のイメージと結びあわさ...続きを読む

PAGE TOP