ネタ

少しカッチリとした、各国のネタをご紹介

ザンビア

P1070691

世界一こわいプール!?

ジンバブエとザンビアに跨る世界最大級の大瀑布、ビクトリアフォールズに変わったプールがある。滝の水が落ちる寸前にある水たまりであるこのプール、ロケーションの恐ろしさから「デビルズプール」と言われる。一歩...続きを読む

victoriafalls

世界最大級の瀑布・ビクトリアフォールズ

アフリカ第四の大河ザンベジ川はザンビアとジンバブエの国境付近で突如、大きな滝となって砕け落ちる。これが幅1.7キロ、落差110mにも及ぶビクトリアの滝。この雄大な滝は南米のイグアス、北米のナイアガラと...続きを読む

mfuwe1

ロッジの珍客はゾウ

通り過ぎるゾウの群れを写真に収める観光客、サバンナではありふれた光景だ。しかしザンビアにある国立公園では、ロッジの中をゆっくりと進む巨大な野生ゾウが見られる。 毎年11月頃になるとロッジにやってくるゾ...続きを読む

bungi001

111mのバンジージャンプ

ザンビアとジンバブエに跨るビクトリアの滝は、北米のナイアガラ、南米のイグアスと共に世界3大瀑布とされている。幅1.7キロ、落差110mにも及ぶこの雄大な滝を目当てに世界中からの観光客が集まり、ザンビア...続きを読む

orphanage001

天使の住む孤児院

母子感染により、生まれながらにエイズ感染した子供達がいる。子供がエイズだとわかり、子供を手放してしまう母親がいる。そして、これらの子供を引き取り、育てているシスター達がいる。孤児院の院長、シスター・マ...続きを読む

bemba001

食虫部族・ベンバ族

食虫文化はアフリカ各地において見られるが、ザンビア北東部に住むベンバ族ほど虫好きな部族も珍しい。ネズミやイモムシはもちろん、モグラやコオロギも炒めて食べる。なかでも高級とされているのが、「チプミ」と呼...続きを読む

luwinde001

ビクトリア瀑布への祈り・トカレヤ族とルウィンディセレモニー

ルウィンディセレモニーはザンビア南部のリビングストーン地域で、トカレヤ族の王ムクニにより行われる。トカレヤ族は彼らの祖先の魂がビクトリアフォールズの深い渓谷に住んでいると考えて、祭の期間中、彼らは巨大...続きを読む

ila001

女性上位?イラ族とシムネンガ

ザンビア南部のイラ族により開かれる、過去を懐かしみ神に感謝する祭。シムネンガとは近隣部族との闘いに勝利し、こと土地を勝ち取った祖先のリーダーの名前であり、彼は死後半神の存在になったとされている。イラ族...続きを読む

lunda001

川へ捧酒・ルンダ族とムトンボコ

ザンビア北部に住むルンダ族は、最高首長ムワタ・カゼンベの統率の元、様々な苦難を乗り越えてコンゴからこの地へやってきた。その際出会った部族を制圧するごとに、祭りが行われた。彼らはこの祭りをムトンボコと呼...続きを読む

mize001

祖先霊の降臨・ルバレ族とリクンビ・リヤミゼ

ザンビア西部、ザンベジ川近郊に「ミゼ」という名の場所がある。ルバレ族のチーフがこの場所で即位し、今も宮殿を持つことから神聖な場所とされ、ここで年に1度、「リクンビ・リヤミゼ(ミゼを祝う日)」と呼ばれる...続きを読む

ncwala001

王の中の王へ捧げる祭り・ンゴニ族とンクワラセレモニー

ザンビア東部に住むンゴニ族は、南アフリカのズールー族に起源を持つといわれる。年に一度、彼らにより大規模な収穫祭が開かれる。この祭りは「ンクワラセレモニー」と呼ばれる。今なお強大な権力を持つムペゼニ王は...続きを読む

kuomboka001

王様の大移動・ロジ族とクオンボーカ

ザンベジ川上流、バロツェ平原に伝統的な生活を営むロジ族が住んでいる。 50万人のロジ族にとってこの地域はリトゥンガと呼ばれる最高首長の国であり、付近の土地や生き物等、全ては彼のものであるとされている。...続きを読む

gawaundi001

800万人の王・チェワ族のガワウンディ

ザンビア・マラウイ・モザンビークに住むチェワ族。その数はおおよそ800万人といわれる。このチェワ族における伝統的リーダーが、カロンガ・ガワ・ウンディだ。ガワは今なお「王」としての権限を保ちつづけるアフ...続きを読む

zambiatribe001

ザンビアの部族

“ZAMBIA THE REAL AFRICA”、これがザンビア政府観光局の宣伝文句だ。ザンビアは多民族国家であり、70以上もの部族が暮しているが、珍しく民族間の緊張はあまり見...続きを読む

mask001

仮面結社

伝統的なアフリカ社会では、霊的存在は伝統的な生活を保ち、村に秩序をもたらすために重要なものである。仮面や楽器、人形は霊的世界と日常世界の橋渡しとしての役割を担う。これらは目に見えない霊的存在を宿し、そ...続きを読む

zamfishing001

釣りのメッカ・ザンビア

ザンビアとタンザニア、コンゴ民主共和国にまたがるタンガニーカ湖。長さ世界一(800km)、の水深は世界第二位(1,500m)を誇る巨大な湖だ。未だ人間の手が入らない場所も多いこの湖には、想像を絶するよ...続きを読む

lulu001

ゾウと生活する男

ある日、彼はザンベジ川のほとりに佇む幼い雌ゾウを見つけた。その小象は密猟により両親を殺され、途方にくれていた。心無い人間が犯した罪を償うため、彼はそのゾウをルルと名付け、彼の手で育てる決心をした。しか...続きを読む

lochinvar001

初心者ハンターはここへ・ロッキンバー国立公園

首都ルサカより約250kmに位置するロッキンバー国立公園。とても小さな国立公園だが、鹿の仲間であるレッドレクウェの頭数はアフリカ一と言われている。ここではレクウェのハンティングがポピュラーだ。頭数の多...続きを読む

southluangwa001

歩いてサファリ・サウスルアングワ

ザンビアの東部、ルアングワ川沿いに広がるサウスルアングワ国立公園。動物の密度が非常に高い、アフリカでも有数の国立公園である。 9、050平方キロの広大な敷地内にはゾウやカバ、バッファロー、キリン、ライ...続きを読む

honeyguide001

蜂蜜ガイド鳥

ハニーガイドという鳥の名前は、人間を蜂の巣に案内するという習性から付けられた。その鳥は蜂の幼虫を好んで食べるが、蜂の巣を壊すことが出来ないために人間に助けを求める。人間を見つけると近づき、興味を引くた...続きを読む

PAGE TOP