スタッフブログ

スタッフが感じたことを、思うままに書きました。思わぬネタが隠れているかも?

奇岩巨岩と修道院・ギリシャ

「奇岩巨岩」といって思い出すのは、トルコのカッパドギアでしょうか。

その隣国ギリシャにも奇岩巨岩が林立する場所「メテオラ」があります。

しかもメテオラには、岩の頂に修道院がたっているんです!

  

最初にこの地に人が住み始めたのは9世紀ごろと言われています。俗界との関わりを絶ち、神様との交信を求めるために捜し求めた結果、この場所にたどり着きました。その後14世紀に、セルビア人の侵入による戦乱を逃れるため修行者がここを訪れ、共同生活を始めました。

同じ頃、ギリシャ正教の聖地、アトス山からやってきた修道士アサナシオスがメテオラに最初の修道院「メガロ・メテオロン」を建設し、現在に至ります。最盛期は24の修道院が活動し、2万5000人の修道士が住んでいました。現在一般公開されている修道院は6つのみ。どれも600年以上の歴史があり、14-16世紀に建てられた歴史ある建物となっています。

メテオラの見所は、なんといってもその奇岩群と修道院。エリア一体を射す陽射しの角度によって、風景が一変します。その光景は「修道士がその昔、そして今も、天との交信を信じていた」と納得できるほど、天がすぐそこにあって、手が届くような気がしてきます。

  

ちなみに、ここメテオラでのロケ、弊社で承っております!

外観のみの撮影は許可取得に2週間ほど、修道院の中や修道士のインタビューとなると、1ヶ月以上時間がかかります。ドローン撮影も申請すれば可能です。他にも、ロケをお考えの方がいらっしゃいましたら、何でもご相談ください!

PAGE TOP