スタッフブログ

スタッフが感じたことを、思うままに書きました。思わぬネタが隠れているかも?

アフリカの国旗

シエラレオネでファミマ国旗を見たのをきっかけに、なんとなく国旗に興味が湧きました。

そこでアフリカの国旗を調べてみたら、意外な発見がありました。

 

■南アフリカ

旧国旗                     現行国旗

旧オランダ旗の中に3つの旗がある旧南アフリカ国旗は、白人政権時代のもの。

【アパルトヘイトの国旗】として、あまり良いイメージはありません。

今の国旗は虹のように人種が融合することを意味し【レインボーフラッグ】とも呼ばれます。

でもLGBT(性的少数者)の”虹の旗”と混同するので、この呼び方は定着してないみたい><

 

■エチオピア

旧国旗                 現行国旗

ラスタ発祥の地だけに、堂々としたラスタカラー!

時代とともに、中央の国章が変わってきました。

旧国旗は帝国時代のもので、ハイレ・セラシェなど歴代皇帝の象徴【ユダヤの獅子】が国章です。

今の国旗の国章は、エチオピア皇族の先祖とされるソロモン王紋章が起源の五芒星

どちらもカッコいいですね!

 

■ウガンダ

旧国旗                        現行国旗

昔も今も、可愛らしいホオジロカンムリヅルが描かれています。

歴代諸王朝がこの鳥を一度もシンボルにせず、その中立性を買われたとのこと。

ユニオンジャック推しの旧国旗は、イギリス領ウガンダ政府の旗。

カンムリヅルは現行国旗よりも以前のほうがリアルでした。

 

■ナイジェリア

旧国旗                   現行国旗

旧国旗は今のベニン・シティ周辺にあったベニン王国のもの。

残虐なデザインの起源や用途は謎だそうですが、こんな人達とは闘いたくない!って思わされます。

オリジナルのベニン王国旗(左下)は、英国の国立海洋博物館に展示されているそう。

いっぽう、ナイジェリアの現行国旗はシンプルな緑と白の二色。

でもなぜか、ジンバブエにあった白人政権のローデシア国旗(右下)に似ています。

 

■ベナン

旧国旗                     現行国旗

ゆるキャラ的な旧国旗は、ベナン南部にあったダホメ王国の国旗。

こんなに和む国旗を出されたら、ダホメの人は心優しいのかと思ってしまいますが、

実は奴隷狩りで稼いだお金で武器を揃え、300年も栄えた専制軍事国家だったそう。

現行の国旗は、フランスから独立後のダホメ共和国旗を継承しています。

ダホメ王国のカンムリゾウ?を継承してほしかったですね~

 

国旗の起源は戦場での所属を表す軍旗だそうで、その国の価値観や個性が表現されています。

特にアフリカの昔の国旗は、個性的なものが多かったようです。

PAGE TOP