1. TOP
  2. 撮影・取材国を探す
  3. エチオピアでの撮影

SEARCH 撮影・取材国を探す

エチオピアでの撮影 エチオピアでの撮影

撮影許可撮影許可
撮影に必要な全ての許可取得に要する期間:一ヶ月(撮影する州によっては1.5カ月)
中央政府情報省からの撮影許可を取得、その後各州からの撮影許可を取得する。
クルー到着前にコーディネーターが情報省へ行き、契約書にサインして撮影料を支払う必要あり。
機材通関機材通関
ATAカルネは使えない。
撮影許可申請時に機材リストを提出、情報省発行の機材通関許可証が発行される。
※通関は非常に厳しい。スムーズな通関業務のために、通関業者の立ち合いが望ましい。
※エチオピアは通関が非常に厳しく、ドローン・トランシーバーなど禁止機材が見つかると没収される。
※国内線でも国際線同様の荷物チェックが行われる。
ビザビザ
撮影にはJVビザ(ジャーナリストビザ)が必要。
情報省・イミグレーションからのJVビザ発行許可がおり次第、在日エチオピア大使館にて申請可能。
※ビザ申請の詳細は在日エチオピア大使館サイトを参照。
 http://www.ethiopia-emb.or.jp/front/consular/
その他注意事項その他注意事項
※連邦制度をとっているため、州によっては高額な撮影料と煩雑な手続きが発生する。
※入国にはイエローカードは不必要であるが、経由地によっては必要となる。
※国立公園・保護区・商業施設などの撮影には、別途撮影許可が必要。
※祝祭日の多い期間には申請業務が止まることがあるので、早めに申請すること。
※エチオピアは独自のカレンダーを使っているため、祝祭日が他国と変わる。

※許可に関する規定は頻繁に変更されます。最新情報はお問合わせください。