1. TOP
  2. ネタ
  3. カラフルな町の色~モロッコ

TOPICS ネタを探す

2018/12/12

カラフルな町の色~モロッコ

  • ブログ
  • モロッコ
  • 世界遺産
  • 生活
  • 絶景

モロッコでは条例で色が決められている町があり、指定された色以外に建物を塗ることはできません。

厳しいルールですが色が統一された町並みは美しく、町のブランド力強化に繋がっています。

 

【白い町~カサブランカ~】

モロッコ経済の中心地。都会の隅々まで白く塗られています。

やはり白は清楚で上品なイメージですね。

 

【青と白の町~エッサウィラ~】

ユネスコ文化遺産に登録されている港町、エッサウィラ。

港や船まで白と青で統一されています。

 

【バラ色の町~マラケシュ~】

このエキゾチックな雰囲気、文句なしの世界遺産です。

白いアトラス山脈とバラ色のコントラストが強烈。

この景色に出会うには、季節を選ばなければいけません。

 

【青い町~シェフシャウエン~】

インスタ映えする町並みに、世界中から女性が集まります。

おとぎの国に迷い込んだよう。

 

【土色の町~南部・サハラ近郊~】

乾燥したアトラス山脈の南部では、茶色い町が目立つように。

グラディエーターのロケ地として有名な世界遺産、アイトベンハッドゥがその代表です。

サハラの玄関口エルフードには、日本人のおじいさんが住んでいます。

 

【陶器の町~サフィ~】

陶器街の壁には、陶器の破片が埋め込まれています。

カラフルなカケラはかわいらしく、なんだか和みます。

 

【パステルカラーの町~ジョロフ~】

ピンクとグリーンのコントラストは可愛らしいですが、この街の人たちは保守的なので撮影には注意が必要です。

 

モロッコはどこを撮っても画になります。

食べ物、市場、砂漠、大自然、海、リゾート、文化などなど・・・色々な魅力を持つ素敵な国です!

 

海外コーディネーターのボイスのTOPへ戻る